ライブ配信アプリ

Tiktokが収益化可能に?収入を得る方法と稼ぐのが難しい理由とは…

世の中には様々な配信アプリが存在しますが、その中でも近年マネタイズ化で注目されているのがTikTokです。

本来TikTokは、動画配信サイトでしたが、現在では生配信ができるようになり、マネタイズの動きが見られています。

 

「TikTokで稼ぐためにはどうしたらいい?」

「そもそもTikTokで稼げるの?」

「TikTokをマネタイズに使う方法を教えてほしい!」

 

今回は、このような悩みを抱えている人のために、TikTokで稼ぐことができるのかということを解説していきます!

実際、収入を得るためにTikTokを利用している人もいて、Instagramのように使っている人も少なくありません。

 

実際、TikTokのマネタイズ制度ができたことから、これから利用する人が増えそうですね♪

 

よくわかる解説

TikTokはマネタイズできるアプリ

現段階では企業案件をもらうしかない

TikTokを集客に使いライブ配信アプリに流すと良い

そもそもTikTokでマネタイズはできるの?:序章

結論から言うと、TikTokで稼ぐことは可能です。

実際に、マネタイズしている人もいますし、近年のアップデートで収益化できるプログラムが実装されてます。

 

tiktokのマイページの画像

 

マイページの設定から、”ポケット”という項目を確認可能です。

”イベントの報酬・取引・引き出し”という項目が表示されていますが、現段階ではまだ実装段階であり、実用化はされていません。

 

本場の中国ではすでに導入されており、ライブ配信サービスを利用することで、投げ銭をメインに稼いでいくことになります。

ビゴライブやポコチャといったものと同じであり、TikTokも配信アプリとしての役割を今後果たしていくことが予想されます。

TikTokで稼ぐための方法を3つ解説します!

TikTokは、マネタイズすることが可能なアプリであり、日本国内でも準備が進められています。

現段階で、TikTokで稼ぐためには、以下の方法があります。

 

ライブ配信による投げ銭

企業案件をもらって宣伝する

配信アプリに流して集客に使う

 

最新のマネタイズプログラムで言うと、ライブ配信があげられます。

しかし、現時点では配信することはできず、収益化できるモデルとしては、後者の二つです。

 

TikTokを見ていると、企業案件が流れてくることがありますが、その案件をもらうのが最も現実的です。

ただ、それを行うためには、それなりのフォロワー数が必要になってくるので注意しましょう。

ライブ配信による投げ銭

※現段階では利用不可

 

TikTokで収益化したいなら、ライブ配信を行うと良いでしょう。

過去に、芸能人の配信やライブ映像が配信されていたことはありますが、個人の配信は未実装です。

 

中国ではすでに始まっているという噂がありますが、配信するには条件があります。

”5万人以上フォロワーがいること”であり、それ以下の人は配信すらさせてもらうことができません。

 

TikTokで5万人のフォロワーがいるのは、それなり人気がある証拠。

配信しなくても、別の面でマネタイズできている人が多いので、ライブ配信の有無はそこまで関係ありません…

 

初心者がTikTokを使って稼ぐには、別の方法がよさそうですね!

企業案件をもらって宣伝する

現状TikTokのみで、稼ぎたいと思っているなら、企業案件をもらうと良いでしょう。

TikTokでは、動画を見ていると稀に広告が流れてくることがあります。

 

 

こちらの広告は、普通の動画を装っているようですが、実は企業案件です。

広告費を支払うことで、企業側はTikTokに広告を流せるというメリットがあります。

 

TikTokでマネタイズするためには、企業案件の獲得が最速です。

ただ、全員が企業案件をもらえるというわけではなく、以下の条件を満たしている必要があります。

 

フォロワーが多い

アクション率が多い

動画投稿後の評判が高い※バズるかどうか

 

この様な配信者になれば、企業のほうからDMでお声がけをもらうことがあります。

配信アプリに流して集客に使う

TikTokでマネタイズしなくても、別の配信アプリに流すことで収益化することもできます。

実際、TikTokで稼ぐ難易度は高く、企業案件がもらえるといってもごくわずかです。

 

そのため、あなたがTikTokを使って稼ぎたいと思っているなら、集客のツールとして使うと良いでしょう。

具体的な手順は、以下の通りです。

 

1.TikTokで人気動画を作る

2.バズってフォロワーを伸ばす

3.集客したいリンクをプロフィールに張り付ける

 

これだけで、TikTokで稼ぐことができます。

人気動画を作るのは難しく、一定数バズらせる必要がありますが、一度バズればあとは難しくありません!

 

フォロワーを獲得していき、しっかり集客していきましょう!

現状でTikTokで稼ぐ最適な手順を解説します!

TikTokで稼ぎたいと思っている人は、集客ツールとして使うことをオススメします。

マネタイズの機能が実装されてはいるものの、まだ活用することはできませんし、利用するにも一定の人気が必要だという噂もあります。

 

そのため、現段階でTikTokで稼ぐ収入を得る手順を解説していくので、気になる人は要チェックですよ!

 

1.人気音源に合わせて動画を作成する

2.フォロワーを獲得する

3.集客したいツールに誘導する

4.広告収入でマネタイズ

 

この手順を意識すれば、TikTokも十分稼げるツールになります。

ただ、あくまでも集客ツールであることを、念頭に置いておきましょう。

1.人気音源に合わせて動画を作成する

まず、TikTokを集客に使うためには、バズる動画を作成する必要があります。

その際に、手っ取り早いのが”人気音源”を作成するということです。

 

 

TikTokで、下のタブにある”トレンド”というボタンを押すと、流行っている動画が出てきます。

TikTokが推奨するタグの動画が出てくるので、それに合わせて動画を作成すると、バズりやすくなります。

 

100いいね:やや注目されている

1,000いいね以上:注目されている

1万いいね以上:バズった

 

基本的には、このような認識で良いでしょう。

動画を作成する際は、人気動画の右下にあるレコードをタップして、”この楽曲を使う”を選びます。

 

 

あとは、手順に沿って動画を作るだけです!

補足:人気配信者とコラボするのもあり

TikTokで、早くバズりたいと思ったら、人気配信者とコラボするのもありです。

コラボするのは、バズっている人の動画であり、人気がない人とコラボしても意味がないので注意しましょう。

 

tiktokデュエット

 

コラボする際は、動画の矢印マークをタップしましょう。

すると、シェアというボタンの下に、”デュエット”というボタンが表示されます。

 

こちらのボタンを押すと、動画の内容に沿ったコラボを撮影できます。

相手に許可を得なくてもコラボができるので、その点は配信アプリに比べると良心的です。

 

その人気が面白ければ、バズる可能性も高まりますよ!

2.フォロワーを獲得する

人気音源や有名配信者とコラボ動画を作成して、動画がバズった場合は、フォロワーを獲得していきましょう。

この場合、フォロワーを獲得するというよりは、”自動的にフォロワーが増えていく”という認識が強いです。

 

面白い動画が上がれば、その分フォロワーを獲得できます。

ただ、それ以外にもフォロワーを獲得できる方法が存在します。

 

お色気動画:胸を露出する、水着で動画を撮る

ライフハック系の動画

炎上系の動画

 

この辺は、面白くなくてもバズるので要チェックです!

 

tiktok

 

特に、TikTokは10~20代が多いといわれていますが、30代以上の男性も存在します。

そういう人向けに、お色気動画を撮影してフォロワーを獲得する人も少なくありません。

 

女性は、これを武器にして配信していくのもアリかもしれませんね!

3.集客したいツールに誘導する※配信アプリ・YouTube等

ある程度フォロワーを獲得してきたら、次は集客したいツールに移動すると良いでしょう。

具体的には、以下が挙げられます。

 

YouTube

配信アプリ

Instagram

 

最近多いのは、YouTubeに流すというもの。

YouTubeの動画の切り抜きをTikTokにアップロードして、30秒程度にまとめたものをTikTokで配信します。

 

 

自分の動画の広告というイメージであり、広告費を一切かけずに多くの人に見られることから、最適な集客ツールになります。

続きが気になるところで動画を切るのがポイントであり、実際に使っている人も少なくありません。

4.広告収入でマネタイズ

TikTokを使って、集客を行ったら、あとはマネタイズするのみです。

YouTubeであれば、広告収入で簡単にできます。

 

ただ、それぞれマネタイズの難易度があるので、把握しておきましょう。

 

YouTube:登録者1,000人以上が必要

Instagram:企業と契約する必要がある

ライブ配信:いつでも可能

 

最も難易度が低いのは、ライブ配信です。

ライブ配信の場合は、投げ銭をしてもらうことで稼いでいきます。

 

それさえできれば、簡単に稼ぐことができるので、YouTubeやInstagramに比べると単純ですよ!

TikTokよりもオススメな稼げるツール3選!

TikTokは、マネタイズ化が進んでいますが、現段階ではまだ未実装です。

それに、TikTokで収益を出そうと思っても、現状では企業と契約するか、集客先でマネタイズするしかありません。

 

そこで簡単に稼げるのが、ライブ配信です!

TikTokでバズる動画を作成して、ライブ配信に流せば、投げ銭で稼げますよ!

 

特におすすめなアプリは、以下の通りです。

 

ビゴライブ

ポコチャ

17live

 

これらのライブ配信アプリは、稼げるジャンルですしオススメですよ!

複数の配信アプリがある中で、自分なりに安定して稼げるものを利用することが重要です。

ビゴライブ

まず紹介したいのは、ビゴライブです。

ビゴライブは、会員数2億万人が登録しており、全世界で利用されています。

 

アクティブ数が高く、国内での配信者が少ないことから、参入するチャンスですよ!

 

 

ビゴライブでは、このように投げ銭システムを導入しています。

アジア圏の人がメインで視聴者で来るので、以下の配信をすると良いでしょう

 

 

カラオケ配信

ゲーム配信

 

ただ、TikTokで集客する場合は関係ありません。

国内の視聴者を増やしていけば、それに応じてアジア圏の視聴者も増えていきます。

 

最終的には、投げ銭で収益化するわけね!

ポコチャ

次に紹介したいのが、ポコチャです。

ポコチャは、私も利用していたのですが、国内の配信アプリの中では最も稼げるアプリです。

 

 

こちらは、当時の振り込み明細ですが、月に最大で32万円程度稼げました!

ポコチャは、投げ銭システムだけではなく、最低時給保証があります。

 

ランクによって異なりますが、最大で3,000円までの時給が保証されているのです。
※2.5時間が上限

TikTokで視聴者を集客して、ポコチャに流せばランクも上がりやすいですよ!

 

その流れで、収益化していくのがポコチャの稼ぎ方です!

投げ銭システムもあるので、合わせて稼ぐと良いでしょう。

17live

最後に紹介したいのが、17liveです。

こちらは、国内で配信している人が多く、投げ銭をメインに稼いでいきます。

 

 

私も、17liveでライブをしていたことがありますが、認定ライバーとして活動していました。

通常の配信者に比べると、視聴者を集めやすいのでオススメですよ!
※申請して通れば誰でもなれます

 

 

こちらは、17liveライバー時代の振り込み明細です。

ポコチャほどではありませんが、十分稼げていたのでオススメですよ!

 

TikTokで集客することで、投げ銭に誘導したり、ランキング報酬を獲得したりできるので、オススメです!

まとめ:TikTokで稼ぐのは難しい!収入を得るなら集客から!

今回、TikTokで稼ぐ方法について解説しました。

現段階では、収益化のプログラムが組み込まれていますが、実装されていません。

 

実装されたとしても、他の配信アプリのように、ライブ配信ができるだけであり、投げ銭で稼いでいくことになります。

あるいは、バズる動画を作成してフォロワーを集めて、企業案件をもらうことがTikTokで稼ぐ方法です。

 

いずれも、現実的に難しいので、集客ツールとして使うと良いでしょう。

TikTokで動画を作成して、フォロワーを増やした後に、以下の収益化ツールに誘導します。

 

YouTube

Instagram

ライブ配信アプリ

 

オススメなのは、ポコチャやビゴライブといったライブ配信アプリです。

収益化も簡単ですし、集客するだけで報酬につながりますよ!

-ライブ配信アプリ

Copyright© woman it(ウーマンイット)|『配信で稼ぐ』に特化した情報メディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.